MAIL Favorite
シェアハウスよりもソーシャルアパートメント> LIFESTYLE >

大阪3物件の入居経験者に聞いた"オープニングメンバー"の魅力とは? | ネイバーズ江坂 [インタビュー]

LIFESTYLE ライフスタイル

大阪3物件の入居経験者に聞いた"オープニングメンバー"の魅力とは? | ネイバーズ江坂 [インタビュー]

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line

ソーシャルアパートメントに興味を持つ人たちに大人気の入居者インタビューシリーズ in 関西!

今回はネイバーズ江坂にお住まいの中川さんにお話を伺いました。中川さんはネイバーズ江坂以前にもターミナルズ高槻とターミナルズ茨木に入居していて、現在大阪にあるソーシャルアパートメントすべてを経験されています。

そんな関西エリアのソーシャルアパートメントに精通した中川さんに、物件ごとの違いやオープニング入居の魅力について伺いました。

▲中川ちあき(なかがわちあき)さん。現在は法律事務所の総合事務として従事。弁護士を支える事務業務だけでなく、書類作成から分析・提案など幅広い業務を行っているとのこと。物件内ではお姉さん的ポジションとしてみんなから愛される存在です。

ソーシャルアパートメントへの入居の決め手

ーー早速ですが、一番最初にソーシャルアパートメントへの入居を決めたきっかけはなんですか?

中川さん 将来はキャビンアテンダントになりたくて、海外経験のある方との交流や英語を勉強するために入居しました。実際にターミナルズ高槻は海外経験の方や外国籍の方もお住まいされていて、様々なバックグラウンドを持つ方とラウンジで交流することができました。その結果かわからないですけど、無事にCAになることができました(笑)!

ーーソーシャルアパートメントが夢を叶えることに役立ったと聞いてとても嬉しいです!ちなみにシェアハウスに住んでいたこともあると伺ったのですが、シェアハウスとソーシャルアパートメントの暮らしの違いはどんなところですか?

中川さん 海外でシェアハウスに住んでいた経験があったのですが、ソーシャルアパートメントの一番の魅力はいい距離感で交流ができることですね。エントランスから自分の部屋に行くときはラウンジを通らなくても直接部屋に行けるので、自分の気分に合わせて交流のON/OFFを切り替えられるのは嬉しいポイントです!

他には圧倒的な清潔感の違いですかね。シェアハウスだと自分で共用部の掃除とかしないといけないのですが、ソーシャルアパートメントはハウスキーパーさんがしてくれるのですごくありがたいです。

▲上・ターミナルズ茨木のラウンジ / ▲下・ターミナルズ高槻のラウンジ

ーハウスキーパーさんはとてもありがたい存在ですよね。ちなみに最初ソーシャルアパートメントに住むことに不安はありませんでしたか?

中川さん 最初は仲良くなれるか不安でしたが、入居した日にちょうどラウンジでイベントをしていたので、参加させてもらってすぐに仲良くなりました!優しくて交流好きの方が多かったので良かったです。また年末には入居者が50人くらい集まってパーティーをしたので、一気に仲良くなれましたね。

ソーシャルアパートメントでの暮らし

ーーターミナルズ高槻とターミナルズ茨木両方ともご経験されている中川さんから見て物件ー雰囲気の違いはありましたか?

中川さん めっちゃありました!どちらが良い悪いではなく、雰囲気が全然違いました!

ーーそれぞれどういう違いがありますか?

中川さん ターミナルズ高槻は水回りが共用タイプだったので、生活の中で部屋から出ることが多いことから交流がとても活発でした。一方でターミナルズ茨木は部屋内に水回りがあるので、みんなで一緒に交流するというよりも自分が交流したいときだけして、交流したくないときはしないというようにりとみなさん付かず離れずの距離感での交流でした。それでもみんなでBBQをしたり、誰かが退去するときには送別会が開催されたりと、集まるときはしっかり集まる印象です!学生と違って社会人が多く仕事も忙しいので、ずっと交流というよりも交流したいときだけ交流するというのが心地いいですね。

ーー入居中の思い出とかありますか?

中川さん ターミナルズ高槻に住んでいた頃ですが、大勢で無人島旅行に行きましたね!また海外旅行が好きな入居者さんがいて、エジプトに行ってみよう!という一言からみんなで行くことになりました。私1人だとエジプトに行くことは選択肢に入ることすらなかったのですが、ソーシャルアパートメントにはいろんな興味関心のある方がいるので刺激的でした。

▲上・入居者大勢で行った無人島旅行 / ▲下・エジプト旅行ではラクダでピラミッドへも

ーー様々な人と交流を積極的にされてきたんですね。生活面についても伺いたいのですが、実際に生活するうえで気になるところはありましたか?入居を検討している方からは水回りの混み具合などよく聞かれる質問です。

中川さん キッチンやシャワールーム、ランドリー含めすべて24時間使うことができるので割と分散をしてみなさん使っているので、空いていることが多かったです。ただキッチンは20時くらいの夕食の時間になるとタイミングによっては混雑することもあるのですが、「ちょっとここのコンロ使ってもいい?」と話しかけるきっかけにも繋がったりしていました。

一方でランドリーについては土日は回す人が多いので、時間をずらして使っています。おすすめは土日の朝はみなさん寝ていることが多いので、早起きして回すことが多いです(笑)!よく聞くのは他のシェアハウスとかだとコインランドリーみたいに1回ごとにお金がかかることが多いのですが、ソーシャルアパートメントは全部管理費に含まれているので嬉しいです!

▲ドラム式洗濯機なら洗濯から乾燥までノンストップ

ーー女性の検討者さんからはラウンジでの身だしなみに関する質問を頂くことがあるのですが、そのあたりはいかがですか?

中川さん 物件内のラウンジなのでそこまで意識していないのですが、さすがに髪の毛ボサボサのままとかは控えますね(笑)。マナーとして最低限のことを気にするというくらいでしょうか…。

オープニング入居での魅力

ーーターミナルズ高槻ではオープニングでご入居していたかと思いますが、オープニング入居の魅力はありますか?

中川さん 大いにあります!スタートが同じということで全員が同期みたいな感じになるので、すぐに仲良くなれました。オープニングで入居していたメンバーは繋がりが強く、退去してから5年経った今でも20人くらいで集まっています。最近ではオープニングで入居していたメンバーが結婚式をあげて、当時のメンバーで参列もしてきました。物件内カップルで、付き合うまでの過程もよく知っていたこともあり人生で一番感動した結婚式でした。

▲ターミナルズ高槻の入居者メンバーでグローバルエージェンツ主催の交流イベントに参加

ネイバーズ江坂に入居を決めた理由

ーー新規オープンの「ネイバーズ江坂」にご入居中かと思いますが、入居の決め手は何でしたか?

中川さん オープニングメンバーとして入居できることが決め手です。ターミナルズ高槻で経験したオープニングでの入居がとても楽しかったので、もう一回経験するために入居を決めました。またネイバーズ江坂は部屋内にお風呂やトイレといった水回りがついていて、交流のきっかけにもなりやすいキッチンがラウンジにあるというプライベートとシェアのバランスもとても良いことも入居の決め手ですね。

▲ネイバーズ江坂 1st ラウンジ
▲ネイバーズ江坂 2ndラウンジ

ーーオープニング入居+プライベートとシェアのバランスが良いのはとてもいい魅力ですね!最後にネイバーズ江坂を検討しているみなさんにメッセージをお願いします!

中川さん オープニングメンバーとしての入居はコミュニティも自分たちで作れるので、仲良くなりやすい環境だと身をもって経験をしました。住んでみないとと合う合わないって分からないと思うので、興味があればまずは1度内覧で雰囲気だけ見るのもいいと思います。まずは一歩踏み出してみてください!

ーー素敵なお言葉ありがとうございました!オープニング入居をとてもいい経験された中川さんのお言葉がすごく刺さりました!インタビューにご協力いただきまして誠にありがとうございました。


ソーシャルアパートメントでの暮らしを存分にお話いただき、やはりオープニング入居の魅力を強く感じました。中川さんがお話していただいた通り、気になっていたらまずは一歩踏み出して内覧してみるのはいかがでしょうか?

ネイバーズ江坂では、まだまだオープニングメンバーを募集中!

(取材・文・撮影 山本)

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line
FOLLOW US

ソーシャルアパートメントの最新情報を配信中!

関連物件

ネイバーズ江坂

ネイバーズ江坂

2023年10月、待望の大阪都心エリアにプライベートバス・トイレ付きのソーシャルアパートメントがオープン。最寄り駅は利便性抜群の大阪メトロ御堂筋線「江坂」駅、徒歩7分。新大阪(4分)、梅田(11分)乗換なしでの好アクセスです。

Room 間取り 面積 賃料  
308 1R 16.25㎡ ¥56000 DETAIL
611 1R 23.52㎡ ¥66000 DETAIL
703 1R 16.25㎡ ¥58000 DETAIL

※上記は全て2年プラン適用時の賃料です。

スタッフが選ぶオススメ記事

CATEGORY

  • 人気記事
  • 新着記事