MAIL Favorite
シェアハウスよりもソーシャルアパートメント> LIFESTYLE >

物件への愛が溢れたネイバーズ江坂のWelcome Partyの様子をお届け [イベントレポート]

LIFESTYLE ライフスタイル

物件への愛が溢れたネイバーズ江坂のWelcome Partyの様子をお届け [イベントレポート]

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line

2023年10月に開業した関西エリアのソーシャルアパートメント5棟目のネイバーズ江坂。開業から半年が経ち、また春の引っ越しシーズンでさらにたくさんの仲間が増えました。そこで、オープニングメンバーから新規入居者までネイバーズ江坂の入居者のみなさんと、日頃物件を綺麗にしてくれているハウスキーパーさんも一緒に物件を知りながら交流できるWelcome Partyを開催しました。


 

Welcome Party企画のきっかけ

ソーシャルアパートメントに入居する方は、交流や新しいきっかけを求めて「人生で1度はこうした暮らしを経験してみたい!」と一歩を踏み出す方が多いです。そして暮らし始めるとたくさんの新しい人との出会いがあります。自己紹介をして生活に慣れてくればラウンジに降りて一緒に料理をしたり、テレビをみたりと交流が生まれ顔なじみの仲間が増えていきますが、最初は”正直人見知りなんです、、””ラウンジに行ってみたけど緊張してすぐに部屋に戻ってしまった”なんて方も実は多いんです。また入居が長くなると、いつもの仲良しメンバーはできたけど、少し新鮮さにかけてラウンジより自室に居る時間が増えた…という方も。

そこで、最近入居した人には物件の住人を知る機会に、物件オープン時からいる住人には新しい出会いを楽しむきっかけになってほしいという思いで企画がスタートしました。

ネイバーズ江坂のラウンジスペースでWelcome Party が開催!

▲左・当日は少し緊張しながら参加してくれた方もお酒を持参して120%楽しむ意気込みの方まで / 右上・好きなドーナツを選ぶ入居者さん

4月20日土曜日、ネイバーズ江坂のラウンジに住人が集まりWelcome Partyがスタート。お菓子や飲み物を用意しつつ、ミスタードーナツをたくさん用意してみました。実はネイバーズ江坂のある吹田市は、有名なミスドミュージアムがあるんです!

How to Live in NEIGHBORS ESAKA

みんなで乾杯をしたら1つ目の交流コンテンツ”How to Live in NEIGHBORS ESAKA”がスタート。ソーシャルアパートメントのルールに関してまだまだ知らない事や、中には勘違いしていた?なんてことも多いという入居者さんの声を元に、実際の生活に関連したクイズをチーム戦で行いました。

▲「共用部の家電や食器を自分の部屋に持ち帰っても使用しても良い?」「ふきんの正しい使い方は?」など生活に関するクイズ
▲勘違いしてました!部屋に持って帰ってしまったマグカップを返します!など正直な声も飛んできたり…

また住人からの事前アンケートの回答を元に「ラウンジをよく利用する時間帯」「1番好きな座席はどこ?」など”住人あるある”クイズにも挑戦してもらいました。

同じ物件に暮らしていても生活スタイルは様々なので、この時間帯にラウンジに行けばみんなに会えるんだ!など今後の交流のきっかけに!

▲獲得ポイントが同率で最後はじゃんけん大会に。シンプルなじゃんけん大会も賞品がかかると大白熱!

ソーシャルアパートメントにとって大きな存在のハウスキーパーさん

そしてクイズの最後にはハウスキーパーさんから入居者さんに挨拶の時間。

ネイバーズ江坂のハウスキーパーさん:

ネイバーズ江坂をきっかけにソーシャルアパートメントを知り、今どきで新しい暮らしが楽しそうだなと興味をもち働きはじめましたが、毎日とても楽しく勤務できていて感謝しています。そして私は江坂が大好きです!

仕事をしながらもみなさんと挨拶を交わしたり、コミュニケーションがとれることも楽しいです。またソーシャルアパートメント独自のルールや共用部ならではの気づかいが必要なこともあるかと思いますが、お互いに譲り合ったり、協力しながら生活したりしている姿をみて、本当に良い人たちばかりなことに関心しています。

勝手ながらみなさんのお母さんのような気持ちにもなっています。ハウスキーパーと入居者さんで立場は異なりますが、ネイバーズ江坂が好きな気持ちは一緒なので、いつまでもオープンした当時のような綺麗な物件を維持できたらと思っています。改めていつも綺麗に使ってくれて、マナーを守ってくれてありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

というお言葉をいただき、温かいハウスキーパーさんの愛の言葉に「泣きそうになりました」という声も…

▲挨拶中のハウスキーパーさん

一人暮らし+αのソーシャルアパートメントは、大きなラウンジやワークスペースが特徴の1つですが、清掃を入居者でするのはちょっと大変…。そのためソーシャルアパートメントでは週4~6日の頻度で物件を綺麗にしてくれるハウスキーパーさんがいます。清掃というと外部の清掃員を雇うと思われがちですが、ソーシャルアパートメントのハウスキーパーさんは当社の社員なんです。そのため、働くハウスキーパーさんも皆さんがソーシャルアパートメントに魅力を感じて入居を決めたのと同じく、ソーシャルアパートメントの暮らしに共感し、ここで働きたいと志望して勤務してくれています。

日常の仕事は、ラウンジやキッチンから水回りまで、各自のお部屋以外の共用部と呼ばれるエリアを清掃すること。またソーシャルアパートメントルールに基づき忘れ物や放置物の回収もハウスキーパーさんの仕事です。

過去にシェアハウスを経験したことのある方からは、いつも物件が綺麗なことに感動しました。という声もいただく程、心地よい空間の維持に欠かせないハウスキーパーさん達が物件を支えてくれています。

入居者同士とは違い”お母さんのような存在”であるハウスキーパーさん。ここに暮らす人と、快適に過ごせる環境を作る人。互いに”いつもありがとう”の気持ちがあるからこそ、マナーを守り、次に使う人が気持ちよく使えるように、ハウスキーパーさんに迷惑をかけないようにと自然に生まれる思いやりの気持ちがネイバーズ江坂をつくっています。

共通点から交流のきっかけに

しばらくの談笑を楽しんだあとはチーム替えをして共通点探しゲーム!制限時間5分間でチーム全員の共通点を見つけて書き出していきます。意外な共通点の発覚であちこちで笑いが起きて大盛り上がり!優勝したチームはなんと20個以上の共通点を見つけていました。

▲どんどんと共通点をみつけていきます
▲結果発表!同じ出身地や趣味、行ったことのある海外、中には今が楽しい!江坂が好き!という嬉しい共通点も
▲優勝チームに景品の贈呈と記念撮影

Welcome Partyが大盛況で終了!

楽しい時間もいよいよお開き。参加した方からは「いつもあまり話す機会がない方ともお話できて楽しかった」「ハウスキーパーさんが参加するイベント素敵!」「江坂がもっと好きになりました」「江坂に住んで良かった」など嬉しい声がたくさん届きました。

中には「次の休みに〇〇行こうよ!」など、早速次の約束をしている人たちの姿も。今回は運営している当社主催のイベントでしたが、多くは住人自らがイベントを企画していて、物件内外で楽しい時間を過ごしています。

▲事前アンケートで集まった「入居者のみんなでしたいこと」

開業してから半年のネイバーズ江坂の団結力と物件に対する愛がとても強く感じた印象深いイベントでした。これからさらに新しいメンバーが増えることが楽しみですね!仲間思いで楽しい事が好きな入居者さんが多いネイバーズ江坂。明るくポジティブなエネルギーが溢れるネイバーズ江坂で新しい生活を始めてみませんか?気になる方はぜひお問い合わせください。

(取材・文・撮影:喜田)

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line
FOLLOW US

ソーシャルアパートメントの最新情報を配信中!

関連物件

ネイバーズ江坂

ネイバーズ江坂

2023年10月、待望の大阪都心エリアにプライベートバス・トイレ付きのソーシャルアパートメントがオープン。最寄り駅は利便性抜群の大阪メトロ御堂筋線「江坂」駅、徒歩7分。新大阪(4分)、梅田(11分)乗換なしでの好アクセスです。

Room 間取り 面積 賃料  
303 1R 16.25㎡ ¥59000 DETAIL
501 1R 23.52㎡ ¥69000 DETAIL
908 1R 16.25㎡ ¥64000 DETAIL

※上記は全て2年プラン適用時の賃料です。

スタッフが選ぶオススメ記事

CATEGORY

  • 人気記事
  • 新着記事