MAIL Favorite
シェアハウスよりもソーシャルアパートメント> LIFESTYLE >

【Inside Social Apartment】#映画館 ソーシャルアパートメントの中身を大解剖

LIFESTYLE ライフスタイル

【Inside Social Apartment】#映画館 ソーシャルアパートメントの中身を大解剖

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line

新シリーズ、【Inside Social Apartment】。

【Inside Social Apartment】では、ソーシャルアパートメント(以下SA)の醍醐味でもある「共用部」にスポットをあてて、開発に込められた想いや実際の使われ方などを紹介していきます。

今回は2018年にリリースされ、各所から多くの反響を得たSAの「映画館」に注目。

現時点(2020/10/2)では、FILMS和光ネイバーズ武蔵中原の2物件で展開しています。

▲FILMS和光の「映画館」。3列シート+カウンター席。赤いカーペットが印象的。

さっそくではありますが、こだわりがたっぷり詰まった本格的な設備や、入居者さんたちのリアルな声を聞いてみましょう!

開発のこだわり、設備ついて

従来の住宅でも実現されてきた”シネマルーム”や、”映像視聴覚室”ではなく、街の”映画館”と同じように、人が集まり、観たあとにも会話や交流が生まれる「場」づくりがソーシャルアパートメントで目指した「映画館」です。

もちろん「映画館」と表現するためにこだわったポイントが、音響・映像などの設備機器。

映像機器にはホームシアター専用の4K対応高画質プロジェクターを何度も視察に行き、音響は「一度はこういう小さな映画館を作ってみたかった!!」と共感してくれたプロフェッショナル達の手により、小さな空間でありながら大迫力の音を実現してます。

150インチ以上の大スクリーン、7.1chデジタルサラウンド。どちらも映画館さながらの本格的な視聴体験を演出します。

設置されている4K対応のAppleTVでは、自身のアカウントを利用してNetflixやアマゾンプライムなどのオンラインストリーミングサービスの映像が視聴可能。

またHDMIケーブルで繋げば、自身のPCやタブレットと接続できる仕様です。

▲高画質プロジェクターから映し出される映像は後部座席でも大迫力!! 

利用ルールについて

ただ共用部として映画館があるだけではなく、利用ルールにもソーシャルアパートメントの映画館ならではの仕掛けがあります。

それは、利用時間と利用方法(上映する作品名など)を告知することで交流を促進させることができるということ。

街の映画館では上映作品と上映時間が決まっていて、その時間に合わせて映画館に人が集まりますよね。

同じようにソーシャルアパートメントの映画館でも、一人が予約して占有する場ではなく、利用方法と利用時間を告知することで人が集まれる仕組みを採用しています。

利用者はスケジュール機能に、居室番号、名前、上映作品、利用時間などを告知。登録された情報はWEB上で確認できたり、物件内のデジタルサイネージに表示される仕様です。

「あ、今度○○観るんだー!気になっていた作品だし一緒に観ようかな。」

というようなコミュニケーションが生まれるかもしれません。

またレイトショーのように夜間も利用したいという声が多かったため、ほかの共用部同様、24時間利用が可能です。

ただ早朝深夜は音量の制限を設けており、みなさんが気持ちよく使って頂くためのルール決めがされています。

利用者の声

今回はオープンから丸2年、自宅に映画館のある暮らしをリアルに体験してきたFILMS和光の入居者さんに映画館のこれまでの利用状況を聞いてみました。

共用部の映画館をよく利用されているジョニーさん(通称)に今回は話を伺います。

▲右側の笑顔が素敵な男性がジョニーさん

— 映画館内でジョニーさんの”定位置”を教えてください

いきなりの質問が秀逸ですね(笑)。

利用人数が多いときは2列目、出入口から1番奥の席がお気に入りです。みんな割とと出入口の近くに座りたがりますが、僕は誰か入ってきたときに入りやすいよう出入口から遠い場所に座っています。

座席に貼ってあるステッカーの番号で、この番号は僕の席だという気分になれますね。たまに入居者同士でお気に入りの席を譲り合うことがあるのですが、本物の映画館ではなかなかできないことだと思います。

少人数のときひっそりと座るお気に入りの席もあるのですが、その席は秘密です(笑)

— お気に入りの席っていいですね!映画館の利用頻度はどのくらいですか?

波がありますが、週2〜3回くらいです。(直近は週1くらいですね) 

— よく使う時間帯があれば教えてください

比較的空いている時間を狙ってという意味で、午前10時~が多いですが、僕が観たいと告知して他の人も一緒に観たいというリクエストが多い作品は、集まりやすい平日の午後9時30分に設定したりしています。

▲座席には映画館らしく席番号が

— 平日の夜に映画鑑賞で集まれるって羨ましいですね。利用時はどれくらいの人数集まるのですか?

2〜5人くらいでしょうか。1人のときもありますし、ごく稀に満席というときもあります。

— FILMSの映画館を初めて利用したときの感想はいかがでした?

高精細の大画面にも驚きましたが、座ってるシートが重低音で振動したことには感激しました。これが住んでる場所で毎日体験できるのかと信じられない気持ちでした。よくぞコレを作ってくれました!! という感じでした

— 家に「映画館」がある生活で、変わったことはありますか。

長年気になっていても観ることができていなかった作品や、自分1人では選ばないジャンルの作品を他の人が上映してくれるのを機に、たくさん観ることができて刺激になっています。

僕、ホラー系がすごく苦手なんです(笑)でも、おすすめしてもらったやつを「ここ」で観て…倍怖かったですけど、食わず嫌いだったなと思いました。

映画シェアを介したコミュニケーションや繋がりで、いろんな人の考え方や好みに出会えたり、他の空間で会ったり話したりする時には分からなかったその人の新しい一面が垣間見れたりすることで、人との関係が変わったり、自分の物の見方が広がったりしました。

— FILMSで観た思い出の上映会はありますか?

スターウォーズ全作鑑賞や声出し・拍手OKの応援上映会、コロナが落ち着いてきた頃には行けなくなったライブフェスをお酒を飲みながら観たりと、いろいろと想い出深い上映会があるのですが…

いちばんは入居者で料理人のゆきさんが開催した「映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』を観て、映画に出て来るキューバサンドを食べよう」の会ですね。

映画も僕好みで最高でしたし、その後みんなで食べたゆきさん手作りのキューバンサンドは、こだわりがハンパなくてたまらない美味しさでした。映像や音だけではなく、鑑賞では感じられない「香り」や「味」を後から体験できることが素晴らしかったです。

上映会は20人くらい集まりましたが、自家製のサングリアとかを飲みながら談笑して楽しかったですね。

2回開催がありましたが、2回目は僕も外部の友達を呼んで最高の時間を過ごさせてもらいました!

▲カウンター内でキューバサンドを準備するゆきさん。映画上映前からみんな興味津々!! 

▲上映後のパーティーは大盛況!!

— 素敵な体験でしたね!ほかに映画館付きのSAならではのエピソードはありますか?

入居者のにしやんが開催したイベントで、【パンドラ劇場】というイベントがあります。内容は毎回テーマを設けて、それぞれのオススメ映画を語り、参加者投票で一番観たい映画を選び上映するという集まりです。

例えば、「雨の日に観たい映画」とか「100分以内の映画」とか。

みんなのレコメンドを聞くことが毎回とてもおもしろいです。

ある会では僕が出した『ブリグズビー・ベア』が「一番観たい映画」に選ばれ、その日の夜にたくさんの人とシアターで観ることができました。自分のお気に入りでオススメな作品を多くの知人と共有できたことがとても嬉しかったです。

ほかにも色んな人たちが違った企画やイベントをしてくれていて、とても充実しています。

— リアルなとてもいい話が聞けました。最後に一言お願いします!

映画の作品は、「どんな環境で」「誰と」観るかによって自分の想いが全然変わってきます。大きいスクリーンじゃないと気づかない些細なことやイベントの思い出とともに記憶に残る作品。

いわゆる「シアタールーム」はFILMS以外にもたくさんありますが、ここで味わう特別な体験はほかではなかなか味わえないと思います。

(これ、ほんとですよ。FILMSを検討している人はぜひ一度観にきてください!)

FILMSでの映画体験をしてしまうと、引越したときに「映画館」なしの生活に戻れだろう…映画館ロスになっちゃうような、、どうしてくれるんですか(笑)

おわりに

「映画館がある暮らし」、いかがでしたか?

最新の映画も、語り継がれる名作も、WEBサイト上で個人的に気軽に楽しめるような時代になりました。

ですがあえて、足を運び、誰かと共有することで、今まで出逢わなかった作品に触れ、敬遠していた作品が名作だったと気づく。

映画はツールとなり感性やアイデアを拡げるきっかけになる。

映画館は人が集まる思い出の「場所」になるのではないでしょうか。

私たちが運営するSAには、入居者さんが交流を楽しむ様々なスペースがあります。

造られ運営されていく上で我々の創意工夫が散りばめられていますが、そこに入居者さんたちのリアルが掛け合わさることで、我々が考えていた以上の「場」になっていきます。

今回も入居者さんのリアルな声を聞くことで気づきも多く、もっとSAのリアルをお伝えしたい気持ちになりました。

次回の【Inside Social Apartment】もお楽しみに!

▼映画館のあるソーシャルアパートメント
・FILMS和光
・ネイバーズ武蔵中原

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line
FOLLOW US

ソーシャルアパートメントの最新情報を配信中!

関連物件

FILMS和光

FILMS和光

一度は夢見た、住まいの中に映画館のある暮らし。メディアやSNSで話題沸騰の最新ソーシャルアパートメントが埼玉県和光市に登場。映画館のある一人暮らしはここでしか体験できません。

Room 間取り 面積 賃料  
302 1BR 13.4㎡ ¥62000 DETAIL
501 1BR 13.4㎡ ¥65000 DETAIL

※上記は全て2年プラン適用時の賃料です。

ネイバーズ武蔵中原

ネイバーズ武蔵中原

まるで自宅に街が広がっているような生活。JR南武線「武蔵中原」駅が最寄りのソーシャルアパートメントは総戸数144戸。大型物件だからこそ実現できる街の暮らしをお楽しみください。

※現在満室です。詳細はお問い合わせください。

スタッフが選ぶオススメ記事

CATEGORY

  • 人気記事
  • 新着記事