MAIL Favorite
シェアハウスよりもソーシャルアパートメント> LIFESTYLE >

【フロムネイバーズ】クリエイターが多く住む「ネイバーズ武蔵中原」、彼らがソーシャルアパートメントを選ぶ理由とは?

LIFESTYLE ライフスタイル

【フロムネイバーズ】クリエイターが多く住む「ネイバーズ武蔵中原」、彼らがソーシャルアパートメントを選ぶ理由とは?

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line

実際にソーシャルアパートメント(以下、SA)に住んでいる入居者さんにライターとなってもらい、よりリアルなSAをお届けする企画【フロムネイバーズ】シリーズ。

今回は「ネイバーズ武蔵中原」に住むフルタニタクマさんに、同じ物件で生活を共にしている多くのクリエイターたちがどうして「ネイバーズ武蔵中原」を選んだのか、インタビューなども交えて教えていただきました。

在宅勤務やフリーランスなど世の中の情勢によって働き方に大きな変化が生じている昨今、以前よりも個人でクリエイティブな活動をする人が増えてきましたね。そんな中、ソーシャルアパートメント史上最も多彩なコンテンツを揃えた大型物件「ネイバーズ武蔵中原」では、多くのクリエイティブな住民が日々刺激的な暮らしを送っています。

なぜ、「ネイバーズ武蔵中原」が多くのクリエイターたちに選ばれているのか、その特徴をご紹介します。

クリエイターが使いたい設備が充実している

「ネイバーズ武蔵中原」はセクションごとにコンセプトが分かれており、クリエイターが在宅で仕事をするときに「あればいいな」と思う施設が目白押しとなっています。そんな魅力的な施設をご紹介します。

自然にクリエイターが集まる広いラウンジ

クリエイターが仕事をするとき、必ず必要となるのが広いスペース。「ネイバーズ武蔵中原」のラウンジには最大14名が座れる大きなテーブルがあり、日々クリエイターが作業に勤しんでいます。資料を広げたいときなどスペースが欲しい場面でもぴったりですね。

気分によって使い分け!テーマが分かれた二つのワーキングラウンジ

「ネイバーズ武蔵中原」にあるのは趣きが違う二つのワーキングラウンジ。日々在宅で作業するクリエイターたちは、気分に合わせてこの二つを使い分けています。

ちょっと集中したいときはデスク席に、リラックスしながら作業したいときはソファー席に。作業環境に変化を求めるクリエイターの気持ちに寄り添う人気の設備となっています。

気分転換も全力で! クリエイターに人気の豪華なバースペース

発想や情報の整理が重要となるクリエイターは、効果的な気分転換も大事な仕事の一つ。そんなときには、本格バーさながらのバーカウンターにビリヤードとダーツを備えたBARスペースを活用します。

ビリヤードやダーツで気分転換や、お酒を交えて情報交換。そんなバリエーション豊富な使い方ができるのも大型ソーシャルアパートメントの特権です。

様々な業界のクリエイターとの交流ができる

「ネイバーズ武蔵中原」は総勢144世帯が住む超大型物件、在籍しているクリエイターの業界も多岐にわたります。例えば、Webやインテリア、ファッションなどのデザイナー、写真や動画、音楽のクリエイターなど。普通に過ごしていたらまず体験できない、異業界のクリエイターたちが自然に集まる非日常的な空間がそこにはあります。

今回は、そんな「ネイバーズ武蔵中原」で活躍するクリエイターさんを少しだけご紹介します。

インテリアデザイナーとして活躍する塚越さん

インテリアデザイナーとして独立し、アパレルの店舗デザインなどを手掛ける塚越さんに話を聞いてみました。住んでから変わったことについて、「異業種や同業種の友人がたくさんできました。友人同士フランクに仕事の話ができる良さを活かして、協業や仕事の紹介など仕事にも良い影響が出ています。アドバイスをくれるのはプロだけでなく副業や趣味でやっている人なんかもいるので、いろんなことをやってみたいというクリエイティブな方にはおすすめだと思います。」とのこと。

日々普通に暮らしながら仕事にも還元できるのは、確かにクリエイターさんにとってメリットになりますね。

Webデザイナーや動画制作の分野で活躍する釼持さん

フリーランスとしてWebやUIのデザインを手掛ける釼持さん。これから新しく動画編集の仕事に挑戦する予定の彼女に物件に住んで良かったことを聞いてみました。

「もともとWebの仕事で独立することを考えていて、仕事につながる人脈形成に良い影響があればと思い入居しました。物件の設備も楽しいですが、クリエイター同士が仕事のことやプライベートのことを気軽に相談できる環境も気に入っています。実際に友人から挑戦したかった動画編集の仕事も紹介してもらって、良い影響が出ていると思います。」とのこと。

また、物件で気に入っている設備について聞くと、「シアターが好きです。見たい作品を大画面かつ大音響で見られるから、いろいろなことを吸収できるんです。」と教えてくれました。

豪華な設備で楽しみながら成長を実感できる、クリエイターさんが集まるのも納得ですね。

幸せな時間を切り取るプロカメラマンの杉本さん

プロのカメラマンとして人物写真や食品写真の撮影から編集までを手掛ける杉本さん。物件への想いをうかがうと、「もともと人脈の狭まりを感じて、引っ越しを検討していました。物件に住むクリエイターたちと出会ったことで、これまでに挑戦できなかった食品や建築といった新しい仕事に挑戦できる機会を得られました。ここはいろいろな業界のプロと助け合っていけるとても良い環境です。」とのことでした。

実際に杉本さんは、写真を通じていろいろな人と交流を深めていました。プロアマ問わず得意なことがあればより楽しめる、それが「ネイバーズ武蔵中原」なのでしょう。

杉本さんのご活躍をこちらからぜひ見てみてください。

今回記事制作にご協力いただいたクリエイターのお三方。ご協力いただきありがとうございました。

今回ピックアップした以外にも、プロアマチュア問わず多くのクリエイターさんがお住まいになっています。さまざまな業界のクリエイターと交流できるのも、「ネイバーズ武蔵中原」ならではといえるでしょう。

クリエイティブなイベントに参加できる

クリエイターといえば常に新しい情報や知識に対してアンテナを張っています。ですから多くのジャンルのクリエイターが集まればその知識を吸収したいと思うもの。そんなニーズにぴったりのワークショップが時折開催されています。

住民のクリエイターさんが主となって行われるこのワークショップは、いろいろな業界のプロフェッショナルが出会い、楽しみながら知識やテクニックなどを共有しあえる有意義な時間となっていました。

カメラ会として発足されたワークショップの活動風景です。テクニックに関係なく写真好きの仲間が集まり、人や風景を撮影しながら語り合います。メンバーからあふれる自然な笑顔は、もともと同じ家に住む友達同士だからこそですね。写真を通して交流できる、写真好きにとってたまらない空間となっていました。

こちらは主にエンジニアやデザイナーといったIT系やクリエイティブな仕事に携わるメンバーたちが集まる開発合宿というイベントの活動風景です。分野の違うクリエイターたちが作業しながら、時には遊んだりそれぞれの得意分野で情報交換したり。

在宅ワークがメインの仕事ではなかなか見つけられない仲間も、ここでなら見つけられるかも。


ソーシャルアパートメントにはクリエイターにとってどんなメリットがあるかについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

ソーシャルアパートメントは仲良く楽しく暮らすだけでなく、困ったときには助け合えるクリエイターにとってとても魅力的な環境でした。引っ越しを検討しているクリエイターの方は、非日常と暮らすこの新しい空間に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line
FOLLOW US

ソーシャルアパートメントの最新情報を配信中!

関連物件

ネイバーズ武蔵中原

ネイバーズ武蔵中原

まるで自宅に街が広がっているような生活。JR南武線「武蔵中原」駅が最寄りのソーシャルアパートメントは総戸数144戸。大型物件だからこそ実現できる街の暮らしをお楽しみください。

Room 間取り 面積 賃料  
311 1BR 13㎡ ¥61000 DETAIL
333 1BR 13㎡ ¥62000 DETAIL

※上記は全て2年プラン適用時の賃料です。

スタッフが選ぶオススメ記事

CATEGORY

  • 人気記事
  • 新着記事