MAIL Favorite
シェアハウスよりもソーシャルアパートメント> LIFESTYLE >

入居者がアパレル企業と洋服を本気で作った話 vol.3 [コラム]

LIFESTYLE ライフスタイル

入居者がアパレル企業と洋服を本気で作った話 vol.3 [コラム]

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line

アパレル企業のTARROW TOKYOとソーシャルアパートメントの入居者チームで開始した「ルームウェアプロジェクト」。ソーシャルアパートメントの入居者ならではの視点で商品を開発し、実際に販売することを目指して取り組んでいます。TARROW TOKYOのWebサイトにて公開されているコラムを数回に分けてお届けしていきます。

< 前回までの記事 >

入居者がアパレル企業と洋服を本気で作った話 vol.1 [コラム]

入居者がアパレル企業と洋服を本気で作った話 vol.2 [コラム]


ファーストサンプルが出来上がり、ここから詳細を詰めて製品化まで進めていく細かい作業に入ります。

迷いに迷った色展開

展開する色を決めるにあたって、見本帳を見てもらうことに。よく見ないと違いがわからない色の違いも細かくチェックしていきます。

ネイバーズ上北沢チーム:見本の糸は生地になったとき、この通りの色になるんですか?

タロウ:今見てもらっているのはあくまで糸を束ねたものなので、編み立てて生地にしたとき少し違って見える可能性はありますね…


確かに色はとても大切です。少しの違いでも印象が変わってしまうので、気になる色をいくつか厳選し、編み地(糸を編んで生地にしたもの)を作ることに。これをすることで、想定していた色と全然違った!みたいなことはおおよそ避けられます。実際に作った編み地がこちら。 

実はこの時、ブランドタグもオリジナルで考えていたので、テストプリントしています。事前の調査で「リラックスできること」や、「着心地が良いこと」が重要視されていたので、敏感になりやすい首元はプリントにてブランドタグを印字することにしました。デザインはネイバーズとタロウのダブルネームだとわかるようにしています。

展開するサイズの決定

今回、大切なテーマのひとつに「半径3mに住む隣人たちが喜ぶ・求める服は”何か”を徹底的に突き詰めて洋服をつくる」というものがあります。ここに性別は関係ないので、男女とも選べるサイズ感で展開することを目指しました。

本来であれば、レディース/メンズそれぞれでサイズを用意するのが良いのですが、需要と共有のバランスを読み間違えると必ず余ってしまう在庫がでてきてしまう…。

本当に最後の最後まで悩み、サンプルもサードサンプルくらい作った末に、絞り出した答えはS/M/Lでサイズ展開をし、Sサイズをレディース仕様にするということでした。 

どちらの生地がよいか

ファーストサンプルは、柔らかくハリ感のある生地と、がっしりした高見えする強撚糸を使った生地の2つでつくっています。実際に両方のサンプルをチームの皆さんに預け、一定期間着用、洗濯をしてもらいどちらが良いか検証する期間を設けました。

それぞれ長所があるため悩みましたが、ここでも事前調査で出ていた「リラックスできること」や、「着心地が良いこと」を一番に考え、柔らかくハリ感のある生地を採用。

暮らしの質を今より少しだけ高めるディテール

このラウンジウェアがあることで、暮らしの質が少しでも上がってほしい、そんな思いがあり細かいディテールにもこだわりました。

ディテールの要素としては

  • ブランドタグのプリント
  • V字ガゼット
  • 袖口のピスネーム

などかなり細かくこだわっているのですが、質をあげる大切な要素として、この服にはポケットをつけています。

 ポケットのサイズは、スマホや財布がストレスなく入ること。室内外で着用してほしい服なので、フラッとコンビニへ行くときやちょっとした外出時にはとても重宝します。ポケットは最初からマストで必要なものだとチームの皆さんから言われていました。 

ついに完成!【TARROW×SOCIAL APARTMENT】LOUNGE WEAR

いよいよ洋服が完成しました。費やした期間は約8ヶ月、タロウもネイバーズのメンバーにとっても凄い思い入れのある洋服に仕上がりました。

男女問わず使いやすい形で作りました。着丈から袖丈まで、何度も採寸・調整を繰り返して理想を追求。首後ろは従来のタロウであればブランドタグをつけていますが、今回はプリントでワンポイント。

袖丈は少し長めに、折り返すとタロウのイラストが現れます。

今回のコラボ企画で重要なワード”着心地”を担保するべく、伸縮性や柔らかさ、またシワのなりにくさを考慮し、ニットで生地を仕上げています。 部屋着としての着心地の良さを担保しつつ、外着としても使えるように財布やスマートフォンをいれられるポケットをあしらいとして加えています。

今回は企画からモデルまで洋服を発売する上で必要なことのほとんどをネイバーズ上北沢チームが協力してくれました。 

どうやったら多くの人に良いと思ってもらえるかを話し合いながらそれぞれ工夫をして、撮影に臨んでくれました。商品ページにメンバーがモデルとして掲載されていますのでご覧ください。

【TARROW×SOCIAL APARTMENT】LOUNGE WEAR】公式ページ

ネイバーズ上北沢 物件ページ


< 関連記事 >

入居者がアパレル企業と洋服を本気で作った話 vol.1 [コラム]

入居者がアパレル企業と洋服を本気で作った話 vol.2 [コラム]

 

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line
FOLLOW US

ソーシャルアパートメントの最新情報を配信中!

関連物件

ネイバーズ上北沢

ネイバーズ上北沢

上北沢駅から徒歩2分、閑静な住宅街の世田谷区上北沢にあるソーシャルアパートメント。「SPICE」をコンセプトに、ハーブカーデンやキッチンウェアなど、料理を楽しめる住まいです。

Room 間取り 面積 賃料  
216 1BR 11.38㎡ ¥69000 DETAIL
302 1BR 11.38㎡ ¥75000 DETAIL

※上記は全て2年プラン適用時の賃料です。

スタッフが選ぶオススメ記事

CATEGORY

  • 人気記事
  • 新着記事