MAIL Favorite
シェアハウスよりもソーシャルアパートメント> LIFESTYLE >

【エリア紹介】護国寺 | 歴史と現代が交差する街

LIFESTYLE ライフスタイル

【エリア紹介】護国寺 | 歴史と現代が交差する街

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line

こんにちは。ソーシャルアパートメント営業部の松本です。

 

ソーシャルアパートメントがある周辺エリアの魅力やホットなスポットを紹介する企画!今回はワールドネイバーズ護国寺のある「護国寺、新大塚、茗荷谷」の街をご紹介します。

 

入居を検討いただく上でも、ご入居いただいた後に周辺で遊ぶのにも、皆様の参考になるといいのですが!この記事では、この私!松本が実際に自分の足で歩いて見つけたおすすめスポットや魅力を伝えていきます。

 

今回は写真映えメンバーズの庄司と後藤を招集しまして、「入居してから友達を招いて、物件周辺で遊んでみる!」というコンセプトでご紹介していきますよ。

MAHL ZEIT (マール ツァイト)

 

まずは朝ごはん!やっぱり朝はしっかり食べないと、日中に力が出ないですからね。ここは物件からすぐ近くにあるパン屋さん。物件から徒歩3分ほどの距離にあります。

 

実はこの店、日本初のミルク酵母のパン専門店として話題の店なんです。ここは日本でも珍しい【ミルク酵母】を使ったパンを取り扱っているんですが、お話を聞いてみたら、実はパンに取り入れるのが非常に難しい酵母らしく、商品化できたのはこのマール ツァイトさんだけなんだとか。すごいっ…!

 

実際に食べてみたらもうほんとに美味しい!今回はお店の推しでもあるライ麦カンパーニュをいただきました。外はパリッと、中はふんわりと柔らかくて、優しい味わいでした。

50歳にして開業した主婦の白井幸子さんがこちらの店長さんなのですが、3人のお子様を育てながら38歳の時にパン作りに目覚め、研究に研究を重ね、ご家族のご協力のもと開業ができたそうです。

 

当初、猛反対していたご主人も、四六時中パンと向き合い続ける白井さんの姿についに降参。こちらのお店を開業した際には、お店の経理を担当してくれたそうです。

本当はもっとたくさんの魅力をお伝えしたいところですが、実際に足を運びパンを食べてみてもらうのが一番です!ぜひご賞味あれ。ちなみに、我々は美味しすぎて自分たちへのお土産にも購入しました。

「護国寺」散策

 

▲仁王門は文京区指定有形文化財

せっかくならこの町の中心にある「護国寺」に立ち寄ってみましょう!

 

実は松本も初めて護国寺に入らせていただいたのですが、予想以上に中が広い。都心とは思えない広さがありました。

 

護国寺は、江戸時代の徳川五代将軍:徳川綱吉の母親が願って建立された、真言宗豊山派の大本山とのことです。綱吉の母親は八百屋家系の出身で、そこから将軍の母親にまで成り上がったというエピソードから護国寺には玉の輿のご利益があるとされているそうです。

本堂や仁王門を含めて多くの施設が、国または文京区の指定有形文化財に指定されています。歴史上の偉人のお墓もたくさんあるみたいですよ。

 

▲階段でも写真をパシャリ。いい感じですね!

仁王門をくぐるとそこに広がる敷地と本堂へ続く階段。気持ちが晴れやかになりました。やはり神社・仏閣って心が洗われますね。

 

本堂(観音堂)は、実は国指定重要文化財。江戸中期の1697年築で、東京都区部の本山級寺院で江戸時代建造の本堂が残るのは、移築されたものを除けば護国寺のみらしい…。

▲うろ覚えの正しい参拝作法を思い出しながら・・・

さっそくご挨拶も兼ねて、参拝してきました。

▲左:悩みながらなんとか引く後藤▲右:迷わず引く庄司

そしてやはり、神社と言えば「おみくじ」ですよね。私たちもひいてみました。

▲おみくじを開ける二人。結果にドキドキ…

さてさて、結果はいかに… 

▲大吉を引いてご満悦の2人

結果は2人とも「大吉」!!2人揃ってなんて強運の持ち主なんだ…

MENSHO(らーめん店)

 

いい時間になってきたので次はお昼ごはんへ。やってきたのは、護国寺駅から歩いて5分程の場所にあるらーめん店「MENSHO」さん。ここは2016年にオープンした麺庄グループの新店とのことで、これは期待大。まさかあの有名店が護国寺にあるとは!

 

「FARM to BOWL」を理念に置き、生産者とお客様の結節点たらんという思想は、ラーメンの内容はもちろん、製造工程にまで完徹されているそうです。

▲左・MENSHO特製の「醤油らぁめん」▲右上・「MENSHO」内の製麺室▲左下・英語で書かれた案内文。久々の英語長文で読解に時間かかりました・・・

「麺庄グループ」で使用する麺はすべて自家製。そして他店のものを流したりはせず、同店の専用麺を作るためだけに、店舗に製麺室を設置していました。すごいこだわりを感じますね!

お腹も空いたのでさっそくいただきましょう。みんなやはりオススメの「醤油らぁめん」をいただくことに。

見てください!この透き通るスープ!そして何とも上品なビジュアルを…。提供されたその瞬間から薫るスープとビジュアルで一気に食欲はMAXに!まるで高級料理店に来たような盛り付けに女子もテンションが上がる上がる…。食レポが苦手なのですが、なんとかしてこの美味しさを伝えたい…。食べたら分かります、このおいしさ。

▲お腹も空いて、美味しいらーめんに夢中になる2人。

Cafe&Bar totoru

 

▲Cafe&Bar totoruエントランス

お腹も満たされたのでここでちょっと一休み。おしゃべりに花を咲かせる為、カフェに立ち寄りましょう!訪れたのは茗荷谷からほど近くにあるカフェ「Cafe&Bar totoru」。既に多くのお客さんがいらっしゃり、大変賑わっていました。個性的な席が並び、本もたくさん置いてあって、そこにいるだけでも楽しい空間です。

▲後藤の悩みを聞くお姉さん庄司。

仕事を忘れて話が盛り上がるほど居心地の良い空間で、いただいたドリンクなどの写真を撮るのを忘れてしまった…。ごめんなさい。ちなみに、私は特製のアイスコーヒー、庄司はレモネード、後藤はレモネードラッシーを注文しました。

 

また、こちらのチーズケーキは長年研究を重ねて焼き上げた逸品だそうです。今度行くときは絶対食べることを決めてます。他にも美味しそうなメニューがいっぱい。ランチを食べたばっかりでお腹いっぱいだったのが悔やまれる…。

 

夕方はカフェとして豊富なメニューがあり、夜はアルコールも提供しているバーに様変わり。こだわった内装の店内と明るいスタッフの方々、どのタイミングで訪れても会話を楽しめる至福のひとときとなること間違いありません!

大黒湯

▲左・大黒湯入口▲右・松本も入らせてもらいました!

真夏の暑い日だったこともあって、結構汗をかきました。ちょっと汗を流したいな〜ということで物件からすぐ近くでしっかり湯船につかれるレトロな銭湯「大黒湯」にやってまいりました!

 

このレトロ感がたまらなく好きです。中に入ると、既に何人ものお客様が利用していました。シャンプーやボディソープなども備え付けで用意してあったので、タオルだけ持って入りにいくこともできます。

 

そしてそして!ワールドネイバーズ護国寺にお住まいいただくと、もれなく「文京区民」となりますが、文京区民であれば「100円」で利用ができる日があるそうです。

 

▲左:下駄箱も昔ながらのタイプ▲右上・銭湯価格。安い!▲右下・湯遊入浴デーのチラシ

物件から徒歩3分程度の立地。ゆっくりお湯につかりたい方は是非行ってみてくださいね!

やきとん酒場 マルコ

▲お風呂にも入ってサッパリしたところで乾杯〜

汗も流してスッキリ、せっかくだから飲みに行こうか!ということで新大塚のやきとん屋さん「やきとん酒場マルコ」さんにお邪魔しました!こちらは新大塚駅目の前という好立地で物件までもすぐに帰れるので、みんなで飲むのにぴったり。カウンター席もあり、一人で立ち寄る方も多いのだとか。

 

▲みんな思い思いに注文して、完全に仕事終わりモード。

串は1本100円〜、ドリンクは1杯280円〜というコストパフォーマンスの良さ。普段使いにちょうどいい価格帯ですね。あらゆるやきとん屋さんで修行をされてからこちらのお店をオープンしただけあって、くさみもなく、非常に食べやすい味でした!これはお酒が進んでしまいます。

賑やかで美味しくて安くて、スタッフの方々も明るく温かみがあってとても良いです。ぜひ仲間同士で遊びにいってみてくださいね。

群林堂

▲用意してあった豆大福のおもてなし

物件に戻ってきて、買っておいたお土産を食べながら本日の締めくくり。今日は周辺を満喫できたようで、甘いものを食べながら今日を振り返る2人。

 

実はこちらの豆大福は東京三大豆大福の一つ!護国寺駅近く、あの講談社の目の前にお店はあります。開店前から大行列のできる有名店です。創業は大正初期。三島由紀夫や松本清張などの手土産として文豪にも古くから愛されてきたそうです。

 

週末は50人以上のお客様が並んでいることも珍しくないそうです。実は松本が、朝の開店前に並んで購入してきました!

 

今回は遊びにきた友人へのおもてなしとして用意しましたが、お出かけになる時、手土産として購入するのも悪くないと思います!中はあんこがぎっしり。北海道十勝産のえりも小豆を使っていて、そこまで甘すぎず、繰り返し食べたくなる味でした。

▲左・護国寺駅の近くにお店を構える群林堂▲右・松本が向かった時にはすでに何人も並んでました!

いかがでしたでしょうか?庄司も後藤も目一杯楽しんで少々お疲れの様子。仕方ありませんね。

2人ともご協力ありがとうございました!まだまだ紹介したいお店がたくさんありますが、今回はこの辺で…。

 

護国寺は新しい発見がたくさんあり、実は国内でも有数なお店や施設のある街でした。気になる方はぜひワールドネイバーズ護国寺の見学にお越しください。松本を含めスタッフ一同、丁寧に楽しくご案内させていただきます!

 

(取材・文・撮影 Matsumoto)

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line
FOLLOW US

ソーシャルアパートメントの最新情報を配信中!

関連物件

ワールドネイバーズ護国寺

ワールドネイバーズ護国寺

東京都文京区にカフェ併設型の新ブランド『WORLD NEIGHBORS』が誕生。マンスリー滞在も可能にし、数十人規模の外国人が居住するコミュニティを創出します。

Room 間取り 面積 賃料  
207 1BR 10㎡ ¥81000 DETAIL
503 1BR 10㎡ ¥79000 DETAIL
701 1BR 10㎡ ¥83000 DETAIL
713 1BR 10㎡ ¥80000 DETAIL

※上記は全て2年プラン適用時の賃料です。

スタッフが選ぶオススメ記事

CATEGORY

  • 人気記事
  • 新着記事