MAIL Favorite
シェアハウスよりもソーシャルアパートメント> LIFESTYLE >

【期間限定!】東京駅まで4分!魅力溢れる谷根千エリアに、マンスリー可能な「GRAPHY 根津」がオープン~周辺紹介編~

LIFESTYLE ライフスタイル

【期間限定!】東京駅まで4分!魅力溢れる谷根千エリアに、マンスリー可能な「GRAPHY 根津」がオープン~周辺紹介編~

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line

こんにちは! ソーシャルアパートメント営業部の市川です。この春に新しくご案内開始したソーシャルアパートメント「GRAPHY 根津」(以下、GRAPHY)。

物件コンセプトは、「ホテルに住まう。」

GRAPHYはこれまで、宿泊に「交流」という体験価値を付加した交流型ホテルとして運営をしてきましたが、この度「ホテル」の機能を残しつつ、新たにソーシャルアパートメントとしてのご案内を開始しました。

更に、ソーシャルアパートメントの新しい取り組みとして、最短1ヶ月から滞在可能なマンスリープランを開始。「ホテル」の要素と、ソーシャルアパートメントならではの「交流スペース」の双方を持つ、一般的なマンスリーマンションにはない、一歩進んだマンスリーの住まい方になります。

そんなGRAPHYでどんな暮らしができるのか、今回は~周辺紹介編~として、周辺環境の暮らしやすさについてご紹介していきます。

※GRAPHYは、来年2021年2月28日までの期間限定のご案内となります。


最寄り駅まではどんな道?根津駅と上野駅

GRAPHYからは東京メトロ千代田線 根津駅とJR山手線 上野駅が利用できます。その他、少々遠いものの、東京メトロ南北線 東大前駅もアクセス可能。今回はGRAPHYに入居される方が主に使う根津駅と上野駅のルートを紹介します。

《根津駅までのルート》

東京メトロ千代田線 根津駅までは、住宅街の小道を抜け4分ほどでアクセスできます。信号は不忍通りの1か所のみで信号待ちによる時間差も少なめです。駅ホームまでを考えても10分前に出発すれば十分間に合いそうですね。

:根津駅に向かう小道。住宅街を抜けていきます。/右上:住宅街を抜けて振り返ると、緑の看板のコーヒーショップと赤い看板のお茶屋さんがあります。あなたはコーヒー派?お茶派?/右下:根津駅2番出口の隣にお店を構える「萩原青果店」。種類も豊富で新鮮な野菜やくだものがたくさん。

《上野駅までのルート》

JR山手線 上野駅までは歩いて14分と少し距離がありますが、上野公園の中を通ってお散歩気分で行けますよ。4月半ばで新緑の季節をむかえ、木々の葉の黄緑や薄緑のグラデーションが楽しめました。

:GRAPHYから公園に向かう。歩道も広く歩きやすい。/中央:上野公園に入ると石畳の階段も。ココから眺める景色も気持ちいい。/:駅まであとちょっとのところで「西郷どん」がお出迎え。毎日偉人に会えるとなんだか勇気が湧いてくる!?


生活に必要なものが揃うGRAPHY周辺

GRAPHY最寄り駅の根津駅周辺には、生活に便利なお店や施設が多くあります。スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど生活用品店は5分圏内に数箇所あるので普段の買い物にも困りません。またあると意外と嬉しい銭湯は、なんと物件から徒歩1分!湯冷めする前に帰ってこれますね。

左上:スーパーの赤札堂。品揃えも多く精肉などは安売りしていることも。/右上:ドラッグストアのウエルシア。赤札堂の交差点向かいなので一緒に買い物しやすい。/左下:駅チカのセブンイレブン。物件へのルート沿いにはデイリーヤマザキも。/右下:徒歩1分にある、銭湯マニアの間では有名な銭湯「六龍鉱泉」。美肌効果が期待できる黒湯も楽しめる。お湯は熱め。


GRAPHYに住んだら行きたい場所 ①神社

GRAPHYが位置している谷根千エリア。谷根千とは、谷中・根津・千駄木エリアの総称です。東京23区の中心にありながら、今なお東京の下町としての風情を残す、歴史と情緒が溢れる地域。観光スポットとしても人気で、GRAPHYを観光拠点として滞在される外国人の方も多くいらっしゃいます。一方で、GRAPHYは観光地から少し離れた住宅街に位置していて、地域の住民の生活圏にもなっているので、住みながらも穏やかな雰囲気も感じられます。

根津周辺は歴史の感じられる場所も多く、古くからの建造物や神社なども多くあります。まずは根津の代表的なスポット、根津神社へ行ってみました。

約7,000坪の広大な敷地を持つ根津神社。国の重要文化財に指定されている社殿の迫力はもちろん、豊かな緑や赤い鳥居、鯉や亀のいる池など、思わず写真に収めたくなる風景がたくさんあります。また江戸時代からツツジの名所としても知られており、ちょうど伺った時期は綺麗に咲き誇っていました。

根津神社まではGRAPHYから徒歩10分ほど。境内を散策して往復の道のりを歩いても30~40分なので、毎朝の散歩コースとしても気持ちいいかもしれません。

左上:根津駅を越え住宅街を進むと根津神社の大きな鳥居が見えてくる。ここから境内に入ると神聖な気持ちになります。/右上:50mほど続く赤い鳥居。なぜかくぐりたくなる。/左下:社殿にて参拝。/右下:ちょうど見頃を向かえたツツジの庭。赤やオレンジ、ピンク色のツツジが彩りを与えてくれ、散策するにはとても気持ちいい時期でした。


GRAPHYに住んだら行きたい場所 ②商店街・小路

下町の懐かしさを感じられるのはやはり地域に根ざした商店街。GRAPHY周辺には活気のある商店街がたくさんあります。最近ではクラフトビールやスイーツのお店など、モダンなお店も増えてきています。

:日暮里駅から谷中銀座に向かう途中の路地のさらに奥にある「初音小路」。奥行き30メートルほどだが、和食、沖縄料理、焼き鳥、イタリアンなど個性的な飲食店が揃う。/右上:賑わいを見せる谷中銀座商店街。今は観光地でもあるが、地域の方も日常的に利用しているので、人情味も肌で感じられる。/右下:根津駅近くの路地にもこうした小さなお店が続く。覗いてみるとこだわりのラーメン屋や昔ながらの定食屋、最近オープンしたベーカリーなど様々なお店が垣間見える。

商店街や路地を歩いていると様々なお店に出会えました。今回ご紹介するのはその一部になりますが、少し歩けば気になるお店がたくさんあるはずですよ。

左上:谷中銀座近くにある駄菓子屋さん。小さい頃よく食べた砂糖菓子を買って20円の買い物。おばちゃんからはもっと買ってきな~と冗談も。/右上:谷中キッテ商店街にある「ひるねこBOOKS」これまた小さい頃よく読んだ「よかったねネッドくん」を500円で購入。/左下:英語のメニューのあるお店も多く外国人の方にもフレンドリーな街。/右下:くねくねした道が続く「へび道」。フランス菓子やたわしの専門店なども連なる。ブラインドコーナーが続くので前を見て歩いてね。


GRAPHYに住んだら行きたい場所 ③グルメスポット

これから住む街なら、絶対に知っておきたい食事情。GRAPHY周辺を歩きにあるき、美味しいお店をいくつか見つけました。

ル・クシネは、根津神社入口交差点から住宅街に少し入ったところに構えるスイーツ屋さん。根津神社を散策してちょうど小腹がすいたところに、カスタードの甘い香りが漂ってきて思わず足を止めてしまいました。

:古民家を改装したというお店の外観。屋根一面を藤棚が覆う。窯焼きプリンやシュークリーム、ガトーショコラを販売。/右上:カスタードの甘い香りの招待は、こちらの石窯シュー。生地はサクサク、カスタードは濃厚。/右下:外にベンチ席もあるので軒先で休憩がてら食べられる。

スイーツ屋さん以外にも、何度も根津へ足を運び、美味しいお店を開拓して回りました。昔ながらの蕎麦屋やパン屋さんもあれば、本格的なインドカレーやオーストラリアのおしゃれカフェなど、谷根千エリアには様々なお店が集まっています。

左上:根津の町並みにぴったりな古民家を改装した蕎麦屋「蕎心」でランチ。天丼とおそばのセット1,400円。醤油ダレで豪華な具材の天丼に、あっさりなおそばがよく合う。/右上:インドカレーの「チャミヤラキッチン」。カレー2種、タンドリーチキン、食後のチャイがついて1,000円は安い!ナンも大きくてお腹いっぱいに。/左下:地元で愛されている老舗パン屋「リバティ」。定番はもちろん惣菜パンなどたくさんの種類のパンが並ぶ。おすすめは谷中ウグイスパン。/右下:オーストラリア発のカフェ「CIBI」でのモーニング。オーストラリアならではのロングブラックやフラットホワイトが楽しめる。バナナブレッドも素朴で朝食にぴったり。


GRAPHYに住んだら行きたい場所 ④呑み処

ソーシャルアパートメントができる街を調べる時に、個人的に外せないのが銭湯、インドカレー、そして美味しいビールが飲めるかどうか。今回もとびきり素敵なビアホールに出会えました。色々探し歩いて最後にみつけたのが、この「谷中ビアホール」。こちらも商店街から少し離れた住宅街の中で、周囲に溶け込むようにお店がありました。

:店内で食事を楽しみながらはもちろん、テイクアウトでも瓶ビール、生ビールなどが楽しめる。/右上:ここでしか飲むことのできない谷中ビール。注ぐと分かる濃い赤褐色は、谷中の観光地「夕やけだんだん」から見える夕日をイメージしているとのこと。意外にも飲み味はスッキリ。/左下:軒先で一杯。お昼からビールを飲んでも、なんかここならいっかな…と思ってしまう居心地の良さ。


GRAPHYの周辺環境、いかがでしたでしょうか?

駅へのアクセスや生活圏のお店、周辺の行きたいスポットなど様々な魅力が出てきて、歩けば歩くほど懐の深い地域だと感じました。GRAPHYに住み、色々なコトモノにふれることで、新たな自分に出会えるかもしれませんよ。

「ホテルに住まう。」というコンセプトのもと、ホテルの設備とソーシャルアパートメントの共用スペースを組み合わせた、これまでにない住まいを提供しています。ソーシャルアパートメントに住んでみたいけどまずは短期で試したい…という方にもおすすめな物件です。

期間限定で実現できる、ホテル×ソーシャルアパートメントの「新しい暮らし方」。ぜひ体験してみませんか?

以上、GRAPHY 根津~周辺紹介編~でした!

(TEXT by ICHIKAWA)

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line
FOLLOW US

ソーシャルアパートメントの最新情報を配信中!

関連物件

GRAPHY 根津

GRAPHY 根津

ホテルに住まう。文化と芸術の街谷根千エリア「根津」に期間限定のソーシャルアパートメント!!

Room 間取り 面積 賃料  
102 1BR 12.51㎡ ¥101000 DETAIL
318 1BR 9㎡ ¥92000 DETAIL
412 1R 10.92㎡ ¥106000 DETAIL

※上記は全て2年プラン適用時の賃料です。

スタッフが選ぶオススメ記事

CATEGORY

  • 人気記事
  • 新着記事