MAIL Favorite
シェアハウスよりもソーシャルアパートメント> LIFESTYLE >

ただ食卓を囲うだけ、それだけで相手との距離は縮まる、をテーマにしたおとわの食卓

LIFESTYLE ライフスタイル

ただ食卓を囲うだけ、それだけで相手との距離は縮まる、をテーマにしたおとわの食卓

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line

シェアハウスとひとり暮らしのいいとこ取りをした暮らし方がソーシャルアパートメント。

主に首都圏を中心に展開している新しいひとり暮らしのスタイルですが、関西にも物件を展開しています。

今回は、その関西初のソーシャルアパートメント「OTOWA神戸元町」で定期的に行われている、『おとわの食卓』というイベントの様子をご紹介します。

13082776_1167773956587760_1892881476263884766_n

おとわの食卓は、2ヶ月に1度開催されている入居者のみなさんで、「ただ食卓を囲うだけ、それだけで相手との距離が縮まる」のコンセプトのもと、食卓を囲うシンプルなイベントです。

共用スペースの日常清掃を担当している二人のスタッフがホストとなり、ご飯を作って、入居者のみなさんの帰りを待ちます。
※ソーシャルアパートメントでは週に5回以上、共用スペースの日常清掃が入ります。

実家暮らしをしているとき、家に帰ったらご飯が食卓に並んでいて、家族と食卓を囲う。そんな体験をしてきた方も多いのではないでしょうか?

12801289_1119990641366092_1576815069388687731_n

実家を離れ、仕事が忙しくなってくるとなかなか食べることができないおふくろの味。

そんな食卓の体験を、ソーシャルアパートメントのラウンジを利用して実現しているイベントです。

忙しいみなさんの中には、食卓を囲って食事をする、という当たり前のような状況に懐かしさを感じる方も多いのではないでしょうか。

お母さんおばあちゃん世代のお二人が作ってくれる料理は、どこか家庭の味を思い出させてくれる温かみのある味で、住民のみなさんに大人気。この会を毎回楽しみにしている方も多くいらっしゃいます。

11694911_1119990681366088_8325269466322831212_n

参加する人数が多い分、準備は分担して作業を。

もちろん入居者のみなさんも手伝ってくれ、賑やかに準備を進めることが多いです。

食材だけでもこれだけの材料が必要に…毎回大人数に対応できるような家庭的な料理が食卓に並びます。

仕事帰りに続々と集まってくる隣人たち。

生活リズムが異なり、意外とすれ違いが多い隣人たちも、この日ばかりは食卓について食卓を一緒に囲う風景が見られます。

「ただ食卓を囲うだけ、それだけで相手との距離が縮まる」

日々忙しい毎日かと思いますが、たまには仲間と食卓を囲うという瞬間も大切にしていきたいですね。

そんなOTOWA神戸元町の情報はコチラから。

 

OTOWA神戸元町:https://www.social-apartment.com/builds/view/8

 

(Text by UCHIYAMA)


インスタグラムでもこだわりの素材を配信中です。

https://www.instagram.com/social_apartment/

Twitterでは最新の空室情報をご案内しています。
https://twitter.com/SocialApartment

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line
FOLLOW US

ソーシャルアパートメントの最新情報を配信中!

スタッフが選ぶオススメ記事

関連物件

OTOWA神戸元町

OTOWA神戸元町

Room 間取り 面積 賃料  
1103 1K 25.81㎡ ¥70000 DETAIL
306 1K 29.95㎡ ¥82000 DETAIL

※上記は全て2年プラン適用時の賃料です。

CATEGORY

  • 人気記事
  • 新着記事