MAIL Favorite
シェアハウスよりもソーシャルアパートメント> LIFESTYLE >

東京発のソーシャルアパートメントが遂に大阪に初上陸。ミレニアル世代向け交流型住宅、2018年10月にグランドオープン!

LIFESTYLE ライフスタイル

東京発のソーシャルアパートメントが遂に大阪に初上陸。ミレニアル世代向け交流型住宅、2018年10月にグランドオープン!

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line
▼以下、プレスリリースより抜粋

株式会社グローバルエージェンツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山崎 剛、以下=当社) は、首都圏を中心に展開する隣人交流型賃貸住宅「ソーシャルアパートメント」38棟約 2,000 戸の運営を主力事業として、ゲスト交流型ホテル、ソーシャルアパートメント併設型カフェなどのライフスタイル事業を展開しています。

この度、大阪初となる39棟目のソーシャルアパートメント「TERMINALS(ターミナルズ)高槻」を 2018年10月にオープン致しますのでお知らせ致します。オープンに先駆けて2018年8月中旬より順次内覧会を開催予定です。

「TERMINALS高槻」公式WEBサイト:https://www.social-apartment.com/builds/view/56

TERMINALS高槻について


直営での大阪初のソーシャルアパートメントであり、本プロジェクトはJR西日本との業務提携に基づきJR西日本沿線の積極的な開発を目的として進めてまいります。TERMINALS(ターミナルズ)というブランド名は、始発点、終着点、分岐点を表すターミナルから着想を得て、人と人が交わり、人生が行き交う生活のプラットフォームであり、人との出会いを通して新たな行き先が見つかる場所であってほしい、という想いを込めています。

2015年にオープンした関西初のソーシャルアパートメント「OTOWA神戸元町」はオープン後5ヶ月で満室となり、以来稼働率95%を維持、常に入居待ちが出るほど人気を集めており、関西エリアでの需要の高まりを表します。

主な特徴


ラウンジはさまざまなライフスタイルが交錯する空間
物件コンセプトは、「CROSSING-クロッシング-」。ソーシャルアパートメントの本質的な価値を「住人たちが自由に集い、自由に交流する場所」と捉え、中心となるラウンジスペースを”交差点”の中心として位置づけました。ラウンジは、様々な人が集う物理的な場所でもありますが、そこで交わされる営みは、ライフスタイルをも交錯させます。PLAYとWORK、ONとOFF、PRIVATEとPUBLIC、LOCALとGLOBALなど、この”交差点(ラウンジ)”には誰が何を持ち込んでもいい、さまざまなライフスタイルが交錯する空間を目指します。

150㎡のラウンジにワーキングスペースなど多様性のある共用空間
【共用ラウンジ】
メインの共用部は約150㎡の多機能型の大型ラウンジです。商業施設を思わせるデザインが施されたアイランドキッチンはコミュニケーションのハブに。開放的なキッチンカウンターからはラウンジ全体を見渡すことができ、ビリヤード台のほか、卓球台を思わせる遊び心あるダイニングテーブルなど、様々な要素が交錯する空間に仕上がります。

【ワーキングスペース】
施設内には約40㎡のワーキングスペースを設置しています。近年、柔軟な働き方が求められていることや、フリーランスの増加もあり、作業に集中できるよう環境を整えています。デザイン性と機能性に優れたインテリアも魅力の一つです。

【シアタールーム】
約40㎡のシアタールームでは、120インチのスクリーンにプロジェクターで映像を投影し、映画鑑賞を楽しめます。一人暮らしではなかなか実現できない設備を贅沢に使えることもソーシャルアパートメントでの生活の魅力です。

共用ラウンジ 完成予想図(天高で吹き抜けのある開放的なラウンジ)


共用ラウンジ 完成予想図(大きな天井画と壁面に描かれるグラフィックが特徴的)

共用キッチン 完成予想図(大阪の「商い」「活気」の要素をイメージしたアートワークを随所に展開)

エントランス 完成予想図(交差点をモチーフとしたサインをエントランスに設置)

共用部に加えてプライベート空間が確保された暮らし
居室は約11㎡~14.4㎡ほどの1BRタイプをご用意しています。ソーシャルアパートメントの大きな特徴として、エントランスからお部屋までの動線は独立して確保されており、共用部を通らずに各居室まで移動ができます。共用部での交流はあくまでも自分自身で選択し、自発的に行うものであり、プライベートは確保されるべきであると考えているため、徹底した動線設計により、通常のワンルームマンションと同様のプライバシーが担保されています。

ロケーション


最寄りのJR高槻駅は、関西圏の商業の中心である大阪と京都のちょうど間に位置し、それぞれ電車で15分の所要時間、神戸へも電車で40分と非常に利便性の高いエリアです。駅前には、東西約300mに約100店舗が軒を連ねる「高槻センター街」やLOFTやユニクロなどのテナントが入る西武そごうなどの商業施設で賑わいます。駅を離れれば閑静な住宅街が立ち並ぶため、暮らしやすいエリアとファミリー層にも人気のエリアです。

主なターゲット層

ターゲットについては、大阪京都勤めの20代~30代の社会人を想定。プライベートは重視しながら、会社以外の新しい交流を広げたいビジネスパーソン(単身者、正社員(特に転職・転勤組)、独立系)や、なかには社会人と関わりを持ちたい近隣の大学生など、幅広い入居者構成が想定されます。

施設概要


施設名称:TERMINALS高槻 (ターミナルズ高槻)
グランドオープン日程:10月上旬OPEN(予定)
所在地:大阪府高槻市天神町二丁目1番16号
アクセス:JR東海道本線「高槻」駅 徒歩5分 / 阪急京都線「高槻市」駅 徒歩15分
構造:鉄筋コンクリート造陸屋根4階建
竣工:1975年3月
世帯数:55 戸
居室タイプ:1BRタイプ(11.04㎡~14.40㎡)
賃料: 43,000円~54,000円(2年プラン適用時/管理費・水道光熱費別)
事業会社:株式会社グローバルエージェンツ

  • facebook
  • tweet
  • hatena
  • line
FOLLOW US

ソーシャルアパートメントの最新情報を配信中!

関連物件

ターミナルズ高槻

ターミナルズ高槻

Room 間取り 面積 賃料  
201 1BR 11.04㎡ ¥54000 DETAIL
301 1BR 11.15㎡ ¥56000 DETAIL

※上記は全て2年プラン適用時の賃料です。

スタッフが選ぶオススメ記事

CATEGORY

  • 人気記事
  • 新着記事